第1回ちょうふマルシェにマッチ箱博物館が出店

第1回ちょうふマルシェにマッチ箱博物館が出店します!

■第1回ちょうふマルシェ

コロナ禍の影響によりいまだに停滞している消費活動を活性化する為、調布市内事業者と市民が参加できる「第1回ちょうふマルシェ」を開催します。

【日時】2024年2月10日(土)午前11時~午後16時まで

【開催場所】調布駅前広場(ビックカメラ前)

是非みなさんお越しください♪

▼プレスリリース
第1回ちょうふマルシェにマッチ箱博物館が出店
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000098.000054477.html

「マッチ箱博物館」がダイドードリンコの自動販売機に初登場!まるでガチャガチャをしているようなワクワク感をお楽しみください

■「マッチ箱博物館 鉱物と化石のコレクション」が自動販売機に初登場 

MNH本社ビルの外側に設置されている、ダイドードリンコの自動販売機で「マッチ箱博物館 鉱物と化石のコレクション」が購入できるようになりました。

なぜマッチ箱博物館を自動販売機で売ることになったのか。

以前よりマッチ箱博物館のガチャガチャをMNH本社ビルの前に置きたいと考えていましたが、屋外の設置は管理が難しく、なかなか実現に至りませんでした。

そこで注目したのが、MNH本社ビルの外側に設置されているダイドードリンコの自動販売機。人通りも多く、近くに公園もあることから日々多くの方に利用されているこの自動販売機でマッチ箱博物館を売ることができないだろうか?と考えたのです。早速ダイドードリンコ様へ相談。MNHの要望に真摯に向き合ってくださり、この度マッチ箱博物館を自動販売機で販売する運びとなりました。

マッチ箱博物館のなかに入っている鉱物や化石は100種類以上あり全て本物。まるで自動販売機でガチャガチャをしているような、何が当たるかわからないワクワク感をぜひお楽しみください。

販売価格:390円

▼プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000054477.html

日本初!?コオロギ養殖場を展示会で再現。MNH「エコプロ2023」出展でコオロギの可能性を提案します。

2023年12月6日(水)~8日(金)東京ビックサイトにて開催される「エコプロ2023」の昆虫ビジネスゾーンに出展します。
普段見ることができない食用コオロギの飼育現場の再現や、企業とコラボレーションしたコオロギフードなどを紹介します。

「コオロギイノベーション」に加え、お米を活用した「米イノベーション(お米のコーヒー)」、新たな雇用を生む仕組みづくりとして「福祉イノベーション(地域商社モデル)」についても紹介します。

ぜひお気軽にお立ち寄りください。

▼プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000054477.html

マッチ箱博物館が贈る彩り豊かな商品が新発売。「宝石で伝えるメッセージカード」と「標本リング」で本物の鉱物をさらに身近に

科学雑貨『マッチ箱博物館 鉱物と化石のコレクション』に、本物の鉱物〔誕生石〕が入った「宝石で伝えるメッセージカード」と、鉱物を指輪の石にした「標本リング」が仲間入り。

誰かに誕生石を贈ったり、お気に入りの標本リングを身に着けたり、日々の生活のなかでより身近に鉱物に触れることができます。

■【本物を贈る鉱物付きカード】宝石で伝えるメッセージカード

ポストカードサイズのパッケージに、本物の鉱物〔誕生石〕とメッセージカードを封入。

誕生石の種類は12か月分(18種類)あり、全て天然鉱物のため、同じ月の誕生石でも形や模様が異なります。同封のメッセージカードには、誕生石の「石言葉」の説明があり、メッセージを書いて誕生石とともに贈ることができます。

どなたにも使いやすいシンプルなデザインで贈る相手を選びません。パッケージの中央は透明にくり抜かれていて、誕生石が小瓶に入っているように見えるデザインになっています。

■【珍奇で美しい鉱物を指輪にしました】標本リング

本物の鉱物を使用し、まるで標本のような美しさが特徴のリング。色鮮やかで、大振りな鉱物が目をひきます。

手に取りやすい3種類の価格帯で、まとめ買いにもおすすめ。まるでおもちゃのような金額ですが、使用しているのは全て本物の鉱物です。

リングサイズは約8号〜13号のフリーサイズでご自身で調節いただけます。

アメジストやムーンストーン、ルビークリスタルなど鉱物の種類は豊富で、何が当たるかわからないワクワク感もお楽しみいただけます。思わず集めてしまいたくなる、見た目にも美しい標本リングをぜひお楽しみください。

▼マッチ箱博物館 公式サイト
https://www.mbhaku.com/

▼プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000054477.html

全国各地の魅力的な食品が集まるイベント「ヒルズマルシェ」と「TOKYO TORCH Market」に玄米デカフェ、マッチ箱博物館が出店

「玄米デカフェ」と「マッチ箱博物館」が、都内で開催されるイベント「ヒルズマルシェ」と「TOKYO TORCH Market」に出店します。

「マッチ箱博館」より新商品「宝石で伝えるメッセージカード」「標本リング」も登場!

是非皆さんお越しください♪

■ヒルズマルシェ

ヒルズマルシェとは、「つくり手に出会えるマルシェ」というコンセプトのもと、2009年から毎週土曜日に開催されている都心型マルシェです。生産者さんと会話をしながら旬の食材や加工品を手に入れたり、キッチンカーで食事を楽しむことができます。

日時:11月11日(土)10:00~14:00予定 ※雨天決行、荒天中止
開催場所:アークヒルズ アーク・カラヤン広場
URL:https://www.arkhills.com/hillsmarche/20230909.html

■TOKYO TORCH Market

TOKYO TORCH Marketは、「日本を明るく、元気にする」というTOKYO TORCHのまちのビジョンを体現するべく、2021年から始まりました。毎週金曜日と日曜日、東京駅前の野外マーケットに、日本全国から旬の食材が集まり地域の魅力を発信しています。

日時:11月24日(金)11:30~19:00 

開催場所:TOKYO TORCH Park(東京都千代田区大手町2-6-4)

URL:https://tokyotorch.mec.co.jp/events/

▼プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000054477.html

【初出店】お米の飲み物「玄米デカフェ」宝塚阪急にてポップアップを開催!

 

  • 宝塚阪急に初出店!

昨年5月から本格的な出店を始めた「アトリエ玄米デカフェ」のポップアップストア。これまで東京を中心に関東・関西・九州の各地でお米の新たな楽しみ方を伝え好評を博してきた同ブランドが、いよいよ宝塚阪急に初出店します。

玄米の飲み物は、粉末を溶かすタイプが多いですが、玄米デカフェはドリップして飲めるよう製法にこだわりました。淹れ方はコーヒーと同様に、ドリップ、フレンチプレス、水出しなどで抽出でき、淹れ方によっても風味や味わいが変わります。

 

  • 新発売「玄米デカフェの米粉フィナンシェ」

玄米デカフェのお菓子シリーズは、玄米デカフェの抽出液や粉末そのものを使用しています。

米粉クッキーやフロランタンに続いて、フィナンシェが新登場。

小麦粉を使わず米粉を使用しています。製造は福祉作業所とコラボレーション。

今回のポップアップで先行発売します。

 

  • 開催概要

期間:2023年10月25日(水)~10月31日(火)

会場:宝塚阪急 2Fイベントスペース

〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町2丁目1番1号

電話 :0797-81-1233

※営業フロアの一部ショップの臨時休業と営業時間変更につきましては、下記よりご確認ください。

 

▼宝塚阪急

https://www.hankyu-dept.co.jp/takarazuka/

▼プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000054477.html

【新商品】秩父名物「わらじかつ」のかりんとうが祭の湯で販売開始!〜人気の秩福かりんとうに新たな味が追加〜

  • わらじかつ丼かりんとうとは

2017年のオープン以来、西武秩父駅前温泉 祭の湯内のちちぶみやげ市にて、MNHが商品開発に携わってきた「秩福かりんとう」。今回の一部商品のリニューアルに伴い、より秩父地方に馴染み深い商品を開発をしようと食材に選んだのが、秩父名物「わらじかつ」です。

豚パウダー、ソースパウダーを配合し、甘辛いタレを絡めたかりんとうは、食欲を唆る香ばしい香りと甘じょっぱさが特徴。MNHと祭の湯が自信を持って開発した珍しいフレーバーのかりんとうを、ぜひお試しください。

商品名:秩福かりんとう わらじかつ丼

価格:420円(税込)

賞味期限:製造から100日

発売開始:2023年10月20日(土)~

※業界初は自社調べ

 

  • 西武秩父駅前温泉 祭の湯について

西武秩父駅に隣接する、「祭」をデザインコンセプトとした複合型温泉施設で、「温泉エリア」「フードコート」「物販エリア」の3つのエリアから構成されています。物販エリア「ちちぶみやげ市」では、「しゃくしな漬」や「豚肉の味噌漬け」といった秩父の定番土産や、「ちちぶ餅」やカエデ糖を使った和洋菓子などをそろえています。

 

  • お問い合わせ先

・祭の湯(温泉エリア)営業時間:10:00~22:00(最終受付 21:30)

・ちちぶみやげ市(物販エリア)営業時間:9:00~19:30

※詳細は下記URLでご確認ください。

https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/serviceguide/index.html

▼プレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000085.000054477.html

8月30日〜9月6日開催。新商品・玄米デカフェのバームクーヘンが東武百貨店船橋に初登場!

今回で3度目となる東武百貨店船橋での催事は、スイーツをさらに充実させました。
新発売したばかりの玄米デカフェのバームクーヘンや、今夏人気の高かった玄米デカフェのゼリー&ブラマンジェセットも販売します。

玄米デカフェのドリップパックを組み合わせたギフトセットもご用意しており、手土産としてもご利用いただけます。

【新商品】バームクーヘン(単品/1,100円税込)
玄米デカフェ バームクーヘン

気のスイーツシリーズに新たに玄米デカフェを使用した贅沢な「バームクーヘン」が加わりました。

たっぷりの玄米デカフェを生地に練り込み、ふんわりしっとりとした食感と焙煎の香ばしい風味を兼ね備えた一品です。使用しているのは国産の高品質な玄米。厳選された素材と手間隙をかけて、ひとつひとつ心を込めて作りました。

ホールタイプのたっぷりサイズで食べ応えも抜群です。淹れたての玄米デカフェと一緒に、口に入れた瞬間にふんわりと広がる優しい甘さと香ばしい香りをお楽しみください。

玄米デカフェ バームクーヘン
・焙煎した玄米の香ばしい香りとふんわり食感
・ホールタイプのたっぷりサイズで食べ応えも抜群
・国産の厳選した玄米など安心して食べられる原料を使用

その他、バームクーヘンセット(バームクーヘンとドリップパック5袋/2,000円税込 )やスイーツギフトセット(バームクーヘン、米粉クッキーとドリップパック7袋/3,000円税込)もご用意しています。

・玄米デカフェのゼリー&ブラマンジェセット(1,200円税込)

玄米デカフェ初の生スイーツは、動物性の原料不使用のプラントベースなビーガン仕様のゼリー。

ノンカフェインで、アレルゲンフリーの飲み物「玄米デカフェ」が提案するお菓子だからこそ、体に優しくどんな人にも食べてもらえるものにしたいという思いで開発しました。アレルゲンにも気を遣い、ゼリーの上段にのせた「豆乳ホイップ」(大豆)以外は、乳や卵、ゼラチンなどを使用していない低アレルゲンな商品です。

商品の開発秘話▶︎https://note.com/mnhglobe/n/n1bcff120a853

商品サイト▶︎https://shop.genmaidecaf.com

■イベント概要

開催場所 :東武百貨店 船橋店 地下1階食品フロア 4番地イベントスペース
開催期間 :2023年8月30日(水)~9月6日(水)
営業時間:10:00〜20:00(※日・祝は19:00まで)
※営業フロアの一部ショップの臨時休業と営業時間変更につきましては、下記よりご確認ください

▼東武百貨店船橋店
https://www.tobu-dept.jp/funabashi/

▼プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000081.000054477.html

マッチ箱博物館 虫入り琥珀のコレクションのワークショップを「小学館の図鑑NEO たんけん昆虫フェス」で開催!

・「小学館の図鑑NEO たんけん昆虫フェス」でのワークショップについてとは?

「小学館の図鑑NEOたんけん昆虫フェス」は、イオンモール幕張新都心 グランドモール内の各所に配置された昆虫にちなんだデジタルアトラクションや巨大昆虫ロボットの森、昆虫の生体・標本展示などを、子どもたちが自由に“たんけん”し、楽しみながら学ぶことができる学習体験イベントです。

イベントでは期間中には、子どもたちの知的好奇心を育む4つのワークショップを開催。その中の1つとして、MNHが販売する「マッチ箱博物館 虫入り琥珀のコレクション」を使用したワークショップ「恐竜時代の昆虫!?琥珀の中の昆虫観察」が催されます。

ワークショップでは、専用のマイクロスコープを使って、恐竜時代(およそ9900万年前)の虫が閉じ込められた琥珀を観察をしいただけます。観察後には、虫入り琥珀観察キットをイベント会場内の物販コーナーで購入していただくことも可能です。

その他、「マッチ箱博物館 鉱物と化石のコレクション」や「虫入り琥珀単品」も販売を予定しております。自由研究の課題や、夏休みの思い出としてぜひご来場ください。

・開催概要

・開催期間
2023年8月16日(水)~24日(木)10:00~18:00(最終受付時間17:00)

・開催場所
イオンモール幕張新都心 グランドモール
〒261-8535 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1
・料金
大人1,300円 子ども(3歳~中学生)900円 (税込)

※当日券を会場(グランドコート・受付)にて販売
※2歳未満の乳幼児は無料
※「身体障がい者手帳」、「療育手帳」、「精神障がい者健康福祉手帳」のいずれかをお持ちの場合、手帳をお持ちの方が有料で入場をしていただく場合に限り、付き添いの方お1人さまが入場無料になります

<公式サイト>https://makuharishintoshin-aeonmall.com/news/event/9161

・理科離れの波を止めたい。マッチ箱博物館が誕生した理由

中学生を中心に理科離れが進んでいるといわれる昨今。
自然の中で生まれた鉱物や化石に触れることで、遊びながら理科を学んで欲しいという思いから「マッチ箱博物館」は誕生しました。コンセプトは「知的好奇心に火をつける」。
発売以来、知育玩具や自由研究の題材としてはもちろん、鉱物化石に興味を持つ大人の方にもご購入いただいています。

・商品紹介

「マッチ箱博物館」シリーズは「鉱物と化石のコレクション」と「虫入り琥珀のコレクション」の2種類。
マッチ箱のような手のひらサイズの箱の中に、宇宙からやってきた隕石や化石の王様アンモナイトなどがランダムで1種類入っています。箱の裏にある小窓をくり抜けば、標本箱として展示が可能です。

2022年に新たに発売した「虫入り琥珀のコレクション」は、130種類中たった1種類しか入っていなかった“虫入り琥珀”が必ず手に入るシリーズです。世界最小級マイクロスコープやガイドブックが付いた「完全版 (税込)」をご購入いただければ、本格的な琥珀観察が楽しめます。

何が当たるか分からないガチャを回すようなワクワク感と、世界に1つしかない博物館作りをぜひお楽しみください。

・マッチ箱博物館 虫入り琥珀のコレクション 価格:3,500円(税込)

▼Amazon販売ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BGS4MVTV

▼マッチ箱博物館 公式サイト
https://www.mbhaku.com/

庄内発・お米でできた代替コーヒーを新宿NEWoManで!玄米デカフェが7月28日(金)〜30日(日)開催の「LUMINE AGRI MARCE」に初出店

・アメリカのレシピ雑誌でも話題の代替コーヒー!玄米デカフェが「LUMINE AGRI MARCE」に初登場!

玄米デカフェのLUMINE AGRI MARCEへの出店は今回が初となります。

「LUMINE AGRI MARCE」とは、新宿駅で毎月第4木曜日から日曜日に開催する“都市型のマルシェ”です。都会と畑を結びながら、食の出会いと学びの機会をつくるルミネの農業プロジェクト「ルミネアグリプロジェクト」の一環として、2018年からスタートしました。利便性抜群な駅近で、日本各地の生産者や生産者の思いをとどける方々と交流しながらお買い物が楽しめます。

現在アメリカでは、サスティナブルな飲み物として「代替コーヒー」が高い注目を集めています。MNHでは早い段階から「お米」に注目し、庄内発の代替コーヒーである「玄米デカフェ」を発信してきました。

かつて米蔵として使われた建物を改装した山形県庄内町の小さなアトリエで、「玄米デカフェマイスター」によって手作りされている玄米デカフェ。丁寧に焙煎された玄米の香ばしい苦味とお米の甘みを感じる新しい飲み物を、ぜひお試し下さい。

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000054477.html

・イベント概要

開催場所 :JR新宿駅ミラナイタワー改札外(ニュウマン 新宿2Fエントランス前)
開催期間 :2023年7月28日(金)~7月30日(日)
営業時間:(金)13:00〜20:00、(土・日)11:00〜18:00

▼LUMINE AGRI PROJECT
https://www.lumine.ne.jp/agri/

矢印