MNH|Social Good Company|みんなで日本をハッピーに

top2
top3
top4
sdgs01_02
previous arrow
next arrow

SOCIAL GOOD COMPANY

SOCIAL GOOD COMPANY

私たちは、「喜びのある働くを共につくる」を経営理念に、働くことにフォーカスしたSDGs経営を、設立時の2008年から挑戦・実践をしています。
福祉作業所との連携や、ひきこもり経験者を積極採用した自社工場運営など、社会課題の解決に繋がる仕組みが内在した商品を製造しています。

企画、製造している商品も、SDGsに繋がる商品が中心で、話題のコオロギフードやお米を主原料とした菓子や飲みものを作っています。そして、お腹を満たすのではなく、「コミュニケーションが生まれる」ことをモットーに商品開発を行っています。

創立以来ずっと貫いている社会課題解決のための商品づくり。

コミュニケーションが生まれるような 楽しくワクワク、うれしくなるような お菓子を企画開発・製造しています。

2016年から昆虫食のビジネス化にむけた研究・調査を行い、2017年に商品化を行いました。

SDGs ACTIVITIES

SDGs ACTIVITIES

「地域の資源と課題をお金と雇用に変える」をモットーに、地域の工場や、福祉作業所や農協などと連携して商品流通をさせるモデルです。

障害がある方が通う施設の内、特にB型作業所と連携し、最終包装作業などを担って頂いています。

MNHの工場は、ひきこもり等の若者支援を目指した工場「コミュニティ工場」の設立。 多様な人々が働ける場所を目指しています。

「地域の資源と課題をお金と雇用に変える」をモットーに、地域の工場や、福祉作業所や農協などと連携して商品流通をさせるモデルです。

障害がある方が通う施設の内、特にB型作業所と連携し、最終包装作業などを担って頂いています。

MNHの工場は、ひきこもり等の若者支援を目指した工場「コミュニティ工場」の設立。 多様な人々が働ける場所を目指しています。

最新情報

最新情報

『日経MJ』で玄米デカフェが紹介されました

マーケティング情報の専門紙『日経MJ』にて、玄米デカフェが紹介されました。 ...

「世界で一番おいしいデカフェを目指して」玄米デカフェのプロモーションムービーを公開

  ●玄米デカフェとは? 山形県庄内町のアトリエで、「玄米デカフェマイスター」 の手によって一つひとつ丁寧に ...

手のひらサイズの科学雑貨「マッチ箱博物館」が「博物ふぇすてぃばる!8」に特別出展!

  「博物ふぇすてぃばる!」は、自然科学、生物学、古生物、鉱物、化学、数学、物理学、人文科学、考古学、歴史、 ...

触って遊べる手のひらサイズの化学雑貨「マッチ箱博物館」 Amazonでの取り扱いをスタート!

    ●マッチ箱博物館とは マッチ箱博物館には、鉱物・化石・隕石がランダムに一つ入っています。恐竜がいた時 ...

OWNED MEDIA

OWNED MEDIA